« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の記事

9月29日

 今日はケンタロウが嘔吐&発熱で保育園DNF。

 今日は軽く30分ほど脚を回しただけ。

| | コメント (0)

ウエスト

 まさかね、と思いながら、5歳の娘と1歳の息子のウエストを測りました。

 娘。  50cm。棒のようです。体脂肪率もおそろしく低そうです。


 息子。  なんと、53cm。この夏急激に腹が出てきました。


 子どもたちもさることながら、自分もそろそろ節制が必要です。目標は1ヶ月1キロ減。でも、おいしいもんを食べることが生き甲斐なんよねぇ。というわけで、今日も弁当のあと粒あんののった串団子3本。でも105円。安い!うまい!

 しょうがないので、今日も練習。LT10分2本。掘った穴をまた埋めるような罰ゲームのような行為なのでした。

| | コメント (0)

定休日。

 雨が降っている。

 この雨がやむ頃にはまた少し秋も深まるでしょう。

 そんなことは、ともかくとして、今日は猛烈に眠たい。そんなときは練習なんかせずに寝るのが吉。

| | コメント (0)

旗取り

 今日も気分がのらず、だらだらと過ごす。娘は来年度から入学する小学校の運動会で旗取り競争。

 昼からしぶしぶ1時間だけ練習に出かける。いつもの峠でLT7分、LT+50Wで3分×3。

| | コメント (0)

車検

 今日は朝から車検のためディーラーに行く。代車はスバル エクシーガ。3列シートのレガシィです。3列シートの、と言いながら3列目のシートが狭すぎます。

 今日もしっかり昼寝して、気分がのらないので練習はなし。また明日からがんばります。

| | コメント (0)

季節は変わる。

 季節があっという間に秋に衣替えしたのにともない、わが家では咳やらくしゃみやらがあちらこちらから聞こえてきます。

 今日は、高回転を意識しながらリカバリ。金曜の夜は、ほっとするのか気が抜けてしまいます。

| | コメント (0)

彼岸参り。

 昨夜は帰りが遅く、寝たのは結局3時過ぎ。

 毎朝6時前から腹が減ったと騒ぎだす息子を妻が寝室から連れ出してくれたのか、目が覚めたのは9時。

 それでも眠たくて、早めの昼ご飯を食べたらまたみんなで昼寝。

 そんなこんなで活動開始が遅れたんですが、恒例の墓参りをすませました。人里離れた山中にあったおじいちゃんの墓が、昨年、和歌山城のそばに引っ越したため気分的に行きやすくなりました。

 結婚するまで墓参りなんかしたことがなかったんですが、盆だ彼岸だとことあるごとに墓参りに行く妻にだんだんと影響されてきたのか、節目節目の墓参りで、亡き祖父母に子供たちの成長を見せに行くのも悪くないと思うようになってきました。

 ローラーを始めるときに扇風機にあたってると風が冷たく感じるようになりました。今夜もLT10分2本。

| | コメント (2)

満月の夜に。

 帰宅は26:00。当然練習はなし。おやすみなさい。

| | コメント (0)

アップルパイ!

 新婚旅行は箱根でした。

 昭和の話ではありません。

 つい6年ほど前の話です。

 宿泊したのは箱根富士屋ホテル。超老舗のホテルです。

 そこで見るもの、食べるものすべてが感動的だったんですが、なかでもアップルパイの味が忘れられませんでした。

 甘酸っぱいリンゴとシナモンの香り、バターの風味たっぷりのさくさくパイがほどよく温められていました。

 あれから、ときおり期間限定でお取り寄せできるようだったんですが、なかなか贅沢すぎて、贈り物にはしても自宅用には注文できませんでした。

 しかし、ついに。「今なら送料無料」の言葉にまけて注文してしまいました。
Applepie

 食べたい食べたいと思い続けてはや6年。久しぶりに口にしたそのアップルパイは、しっとりとしたリンゴの食感と甘いシナモンとバターの香りに包まれ、久しぶりに出会った初恋の人のように甘くせつない記憶をよみがえらせるのでした。

 さて、そんなアップルパイもケンタロウにかかると、ひとたまりもありません。ゆっくり味わいながら堪能することなどなく、ガツガツむしゃむしゃとお腹がポンポンになるまでがっついていました。


 さて、今日の練習は、LT10分2セット。カンチブレーキのセッティングが微妙で難しいです。

| | コメント (0)

ホットケーキ味

 Garmin Edge500のファームウエアをアップデートしたらデータも設定も全部消えてしまいました。まだインポートしてないデータもあったのに、それならそうと警告してほしかった。これからアップデートを行う方は気をつけてください。

 気をとりなおして、最近すっかり走ってなかったので今日は久しぶりに3時間弱のLSD。強度も低く時間もそんなに長くないのに遅筋が衰えていたのでしょうか、なかなかくたびれました。

 いつもよく行く練習コースにある自動販売機で気になる商品がありました。

 いつも気になるんですが、汗だくになる練習中に買う勇気はありませんでした。でも、今日は娘へのお土産に買ってかえりました。

 Hotcake

 ひとくち飲んでみると…。想像通りの味でしたcoldsweats01

| | コメント (0)

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。

 運動会も終わったし、今日は遠くまでお出かけ…と勇んで出発した30分後、娘が「しんどい、気持ち悪い」と。そう言えば自分もちょっと気持ち悪い。朝ご飯食べてすぐクネクネ山道を走り、しかも疲れがたまっていたので車酔いしたようです。

 しょうがないのでちょっとコンビニで休憩してそのまま引き返し。

 お昼寝したあとは、久しぶりにひいばあちゃんの顔を見にいきました。御年85歳。ふと机の上に目をやると、「方丈記」が置いてあります。まだまだ矍鑠(かくしゃく)としています。


 さて本日も練習はオフモード。LT10分1本のみ。昨日からローラーもクロス車でするようにしました。練習をはじめる時間が夜遅すぎて眠たくなってきてしまいます。

| | コメント (0)

運動会

 今日は娘にとって保育園最後の運動会。

 色白の肌も、毎日の太鼓や組体操の練習でこんがりと日焼けし、細い手足が余計にか細くみえました。

 それでも、裸足で運動場を駆け回り、ブリッジしたり跳び箱したりとたくましい姿に涙がでました。

 家ではみせない凛とした表情に感動しました。

 そんなわけで、今日の練習はLT10分1本のみでした。

| | コメント (0)

9月17日(金)

 金曜日ともなると何やら眠たくてしょうがない。

 仕事帰りに歯医者によって親知らずの抜歯後の消毒。もうほとんど穴が塞がっている。回復は早い。まだ違和感はありますが、そのうち左下の親知らずも抜くべしとのこと。ま、気持ちの整理がついたらね。

 そんなわけで、今日はローラーLT10分1本だけであとはだらだらと本を読みながら回す。乗らないよりはましかな。

 だいぶん涼しくなってきたので、夏場はクーラーのあるリビングにその都度ローラーと自転車を持ってきて練習してましたが、所定の位置である玄関に移動。玄関オープン&扇風機typhoonでも許容範囲の暑さになりました。

| | コメント (0)

シーズンインに向けて。

 鈴鹿のあとレースがぽっかりあいてしまったので、練習にも身が入らず、食べたいものを食べまくる生活でしたが、今日からまたクロスシーズンに向けて始動します。

 とりあえず今日は、30分のジョギングとローラーLT10分2本。

 ぼちぼちといきます。

| | コメント (0)

「正義」とは何か。

 今話題のマイケル・サンデル氏の著書「これからの「正義」の話をしよう」を読んでいます。

 幸福の最大化、自由、美徳、それぞれの理念から「正義」というものの姿を再確認していきます。

 15年以上前のことですが、思い出したことがあります。

 阪神大震災のとき、大阪からの救援に向かう人々、大阪に向けて避難する人々が交通機能の麻痺した国道171号線を歩いていきました。

 ちょうどアルバイトをしていた飲食店が171号線沿いにあり、当然営業できるような状況でなくなってしまったんですが、往来する人むけに路上でうどんを売りました。

 冷え切った体を熱いうどんであたためて喜んでくれる人もいるいっぽうで、「こんなときでも金をとるのか」と憤る人もいました。

 あらゆるライフラインが寸断され、熱い食べ物をみなが欲していた状況で、お金を持っているひとにだけうどんを提供するのは正義に反する。無償でできるだけ多くの人に提供すべきだというのが、幸福の最大化という立場からみた「正義」です。

 いっぽう、たとえどんな状況であろうと市場経済の原則に代わりはなく、サービスの対価を得るのは当然であり、またそういう自由市場が約束されるからこそ、不足している供給はすぐに参入がはじまり需要に見合うようになるだろう。こういう自由を約束することこそが「正義」なのであるとするもの。

 そして、憤りを感じた人がなんとなくその礎にした「正義」の感覚。それは、困っている人からお金をとるのは美徳という観点から好ましくない。それが美徳という立場から見た「正義」です。

 身近な出来事からも「正義」という概念がいかに多義的で多面的であるかをうかがい知ることができます。

 まだ少しずつ読み始めたところですが、サンデル教授はどう解き明かしてくれるのでしょうか。楽しみです。

| | コメント (2)

親知らずのアイデンティティ。

 19歳のときに親知らずが生えました。

 そして今日、左上の親知らずを抜きました。

 「斜めに生えてる」「噛むのには必要ない」「深い虫歯になってる」「いつかは抜かなあかん」

 歯医者さんにも周囲の人にも色々言われて悩むことはや1年。

 親知らずの存在意義を否定されることは、とりもなおさず自分の存在意義の一部を否定されることなのです。

 親知らずも盲腸も、伸びた鼻毛も余分な脂肪も、それから短い首も大きな尻も、あれもこれも色んな「一部」が寄せ集まって自分という一人の人間を構成しています。

 親知らずを抜くことは、自分という塑像を少し削りとってしまう不可逆的な行為であり、自我の部分的喪失なのです。

 

 要するに。











 心配してたほど痛くなくてよかった。



 ということなのです。

| | コメント (2)

シマノ鈴鹿ロード 2日目

 すぐ目前での落車は6周目に起こりました。

 スプーンコーナーをまがってからの下りの直線。スピードにのっているところでの落車。

 すぐ後ろを走っていた選手は巻き込まれて左に飛んでいきます。

 その後ろは自分。後輪がなにかに乗り上げながらも、なんとかよけました。

 前をみると先頭集団は50mほどはなされています。万事休す…。もう無理かという思いが頭をよぎります。

 前日は無難に18位でフィニッシュし、今日はなんかやってやろう、そういう決意でのレースだっただけにまだ諦めることはできませんでした。

 中切れ集団をひっぱって必死に追いつきます。


 最後まで脚をためてスプリントっていう力はもう残っていません。

 今日は自分の殻を破る、そう決意してのレースでした。

 9周目にはいって、スプーンコーナーの手前、集団先頭までするする上がると、そこから思い切ってアタック。

 しばらくして数人に追いつかれたので、すぐに再アタック。

 また2人に追いつかれるも先頭交代しながらちょうど1周がんばって力尽きメイン集団に吸収。

 最後は無理することなくフィニッシュ。順位はトップと4.86秒あけられての45位。

 順位はパッとしませんが、晴れ晴れとした気持ちでレースを終えました。

 

| | コメント (2)

シマノ鈴鹿ロード 1日目

 総勢900名が一斉にスタート。

 色とりどりのジャージ。新旧様々な自転車。クリートをはめる無数の音、チェーンの音、変速機の音、それらのポリリズミックな音の景色が今年も気持ちのスイッチを入れてくれます。

 暑さで集中力を欠くのか、レースはなんでもないところでの落車が多く、後ろから見て危険そうな人には車間をあけて慎重に周回を重ねます。

 例年どおり集団の最前線でチームメイトが位置取りをしています。

 約40キロ、1時間のレース。落車に巻き込まれないように、中切れで先頭集団から取り残されないように、先頭から3,40番手ほどの楽な位置で走ります。

 やがて最終周回。

 最終周回のラップタイムは全体で3位。いかに最後だけ頑張ったかがうかがい知れます。

 トップと2.82秒遅れてフィニッシュ。

 昨年よりほんの少し順位を上げました。

 が、このままでいいのか、というわだかまりの残ったレースでした。

 

Sany0332
 レース後は元日本チャンピオン鈴木真理選手から、ためになるアドバイスをしていただきました。

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »