« 2010年1月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年2月の記事

おしまい。

 4年にわたって断続的に続いてきたブログですが、これにておしまい。

 ご愛読ありがとうございました。

|

呪う居留守

居留守なんか使いやがって、呪ってヤる〜。

というわけではありません。

ノロウイルス。

先々週は娘、先週は息子、そして日曜からパパのもとにやってきました。

おかげでシクロ最終戦はDNS。

やり残した感は来シーズンへのモチベーションにします。

余談ですが、ipod touchの基本ソフトウェアを最新にアップデートしたら格段に入力が楽になりました。
横むきにできるキーボードやコピペ機能など600円の価値は大です。

そんなわけで病床からipodでの投稿でした。

| | コメント (1)

3年目のおゆうぎ会

 保育園のおゆうぎ会がありました。
 ガハハと笑って、キーキーわがまま言ってる娘もファインダー越しには可愛い姿。
 そんなこんなで、もうすぐ年長さんになります。あっという間ですねぇconfidentImg_3565


| | コメント (0)

雨と無知

 水と子どもは低いほうに流れていく。

 だから、親をはじめとする大人が堰を作ってあげないといけない、というのが子育てに対する基本姿勢です。

 放任主義では、子どもはどんどん安楽な選択肢を選んでしまう、と考えています。

 もちろん、この考えが正解というわけではなく、個人的な経験にもとづく仮説にすぎないんですが、少なくとも自分と同じ遺伝子構造を持つわが子らには相対的にあてはまる可能性が高いような気もします。

 しかし、最近思うんです。

 子どもだけでなく、大人も含めて、人によって低いほうに流れやすい人と流れにくい人がいるもんだなぁと。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年6月 »